本日もようこそ!!  りんどうすみ です^^

前回は、山里奥にある東方美人茶ファームに
たどり着いたというお話でした。

詳しくはこちら→台湾お茶旅①

今日は、そのお茶園でつくられたお茶を
唯一お売りしているお店でのお話です。

先祖代々受け継がれた製法でつくられた
このお茶・・・東方美人茶は、実は
ウンカという虫がつかないとつくれません。

ですからもちろん農薬なんか使えないんです。

その茶葉を45日置きに
手づみで収穫して、
丁寧に発酵させて作るのが東方美人茶。

偽物も多く出回っているらしいのですが

本来、大量生産なんかできませんから
あのお茶園で生まれたお茶は
この山郷のこのお店でしか売ることができないお茶なのです。

お茶も収穫から発酵までして作るけど、
お茶も店頭でお売りする仕事をされるお母さん。
「作るー売る」まで一貫生産♪

「こんなお茶の葉だったのよ〜〜」って携帯を見せてくてくださいました^^

お母さん自慢のお茶たち♪

日本と違って、暖かいからなのか
年中採取できる茶葉。

春茶、夏茶、秋茶、冬茶

と種類があって
どれも味わいや香りが微妙に違います。

なので、
たくさん飲み比べてきましたよ〜〜♪

東方美人の香りと味わいって
本当に「品が良い」

絶妙な発酵度が、この品格を押し上げてるんだろうと思います。

これは、息子さんが作ってくださった
ハーカオという蒸しパンみたいなお菓子。

ボワっとふくれるから、

発達する!!
今年もうまくいく!!

と行った意味があってよく旧正月に食べるんだそうです。

言葉の意味より、その心遣いにジ〜〜ンっと心が暖かくなりました。

これは、その彼の作品たち↓

お茶の品質とかに関する証書の数々。

さてさて、
膀胱がパンパンになってきました(笑)!!

単品でいただくものと
ブレンドで相性のいいものとは
選ぶ基準が違うので
迷いました!!

って言いたいとこですが

すぐに決まりました(笑)


コレ↑

高額でしたが、
喜んで連れて帰ってきましたよ〜〜!!

さてと!!

お腹もすいてきたし

お次は、ヘルシーランチに連れってっていただきました。

次回をお楽しみに!!